• ホーム
  • 出張中の水虫は臨床試験で発見された方法で対処

出張中の水虫は臨床試験で発見された方法で対処

水虫に陥ってしまうタイミングというのは、個々により異なりますが、比較的症状に見舞われやすいタイミングとして、出張中が挙げられます。
出張中は、飛行機や電車など、長時間の移動が多いのにも関わらず、靴を脱ぐことができないので、足が蒸れてしまいます。
臨床試験の結果、蒸れることにより、水虫の原因である白癬菌の活動が活発になることが判明しています。
しかし、出張中に水虫に見舞われたとしても、対策を行うことは困難です。
唯一行える事は、感じる痒みを我慢することです。
出張先のため、病院に行く時間も確保できないという場合には、臨床試験で効果が認められた方法で、対処すると良いでしょう。

まず、水虫が痒くても、掻かないようにしてください。
菌が存在している角質というのは、とても繊細な部位です。
そのため、掻くほど傷が生じてしまい、菌が侵入しやすくなります。
傷が付き、菌が侵入しやすくなると、他の感染症を引き起こしやすくなるため、二次感染に繋がります。
また、臨床試験によると、人間の体は掻くことでヒスタミンと呼ばれる物質が分泌されるので、掻くほど痒みが強くなります。
こうした体の仕組みから、掻かないようにすることが先決です。

次に、出張先でも行える方法として、最寄りのドラッグストアなどで、市販薬を購入するという選択肢が挙げられます。
水虫の完治を目指すためには、医療機関にお世話になる必要がありますが、応急処置として十分役目を果たすことができるのが、市販薬の存在です。
炎症が生じている部分に使用することにより、症状が緩和しますので、お仕事中に支障をきたすことが避けられます。
体温が高まると、炎症が悪化するので、体温は低めにしましょう。