かかと水虫の主な症状

水虫の脚

水虫は足だけに出来ると思いがちです。
市販薬のパッケージを見ていても指や爪などの画像が多いですから、出来るのはそこだけだと思ってしまうことも多いのですが、足でもかかとなどにも出来てしまいますから注意しないといけません。
この部分に出来ると気が付きにくいので、そのまま放置してしまうことも多いので治療に時間がかかる事も少なくありません。

元々かかとは皮膚の厚い部分なので、乾燥が酷くなったのだろうと思ってしまうことも多くあります。
かかとが粉を吹いたように白くなっていき、さらに悪化していくとひび割れなどを起こしていきます。
冬はそもそも乾燥しやすいのでこの時期にそのような症状が出るというのであれば特に問題ありませんが、年間を通して変わらずぷつぷつと皮がめくれたり、がさがさが治らずにいる症状が出る時にはかかとに水虫がいるかもしれないと思っていいでしょう。

家族に水虫経験者がいる場合や、自分自身が一度感染したことがあるというときにも要注意です。
乾燥と勘違いして保湿クリームなどでしのいでいる人も多いのですが、場合によっては悪臭を伴うこともありますのでそれも目安にしてみるといいでしょう。
水虫となると誰もが恥ずかしい、相談しにくいということで悩みを抱えながら市販の薬を購入して頑張っていることも多いです。
けれどもそれで改善が見られないようであれば、思い切って病院で診てもらうことも大切です。

かかとは乾燥しやすいから、自分も乾燥しているだけなのだと思うこともあるでしょう。
けれどもそれが実は水虫だったということもよくありますから、自分だけでなく家族や他の人のためにも早く治療を進めて直していくことがとても重要です。

人気記事一覧